こころの健康

叫び出したくなる衝動

叫び出したくなる衝動

(公開: 2018年3月26日 (月)

勤め始めて数ヶ月もしない内に、私はある行動がしたくて堪らなくなりました。

それは、満員の通勤電車の中で、「ギャーッ」と叫び出したくなる衝動でした。

だいたい、叫び出したくなるのが、電車に乗ってから30分くらいたった頃でした。

その時に着く駅は、乗客の入れ替えが1番激しい駅でもありました。

満員電車なんて、好きな人はいませんよね。

ましてや、身動きすらままならない通勤電車の混み具合などは、私には我慢するのは辛いだけです。

なので、この「満員電車で叫び出したくなる衝動」というものは、皆が持っているものだと、当たり前に思っていました。

ところが、ある日、会社の同僚にこの話をしたところ、誰も「そんな事、思ったことないよ!」と、全否定されてしまったんです。

ショックでした…。

私は、その前の職場を鬱っぽくなって退職しています。

どこかに、私は精神的に脆い部分があるのは、何となく分かっていました。

本田式強迫性障害 本当の口コミを知りたい

 

 

でも、皆あの満員電車が平気だなんて…。

 

この時は、すでに私はうつ病だったのですが、まだ病院にはかかっていなかったので、分かりませんでした。

 

私には、軽いパニック障害もあるのかと、ショックを受けた1件でした。

 

 

 

 

 


不完全恐怖症

不完全恐怖症

(公開: 2018年1月28日 (日)

不完全恐怖症・・・・・・・

ガスの元栓や戸締まりなどを何回も見直してしまう。

不完全恐怖は、不完全恐怖症や、確認恐怖症、確認癖とも呼ばれますが、

例えば、ガスの元栓を、ちゃんと閉めたかどうか、

戸締まりのカギを閉めたかどうかと気になってしまい、

何度も、これを確認してしまう・・という形で現れる症状です。

また、書類やレポートを書くのに、

ちょっとしたところが不完全に思えてしまい、

何度も確認し直したりして、

時間が非常にかかってしまうという形で現れることもあります。

つまり、自分のしたことに自信が持てず、不完全に感じてしまい、

何度も確認してしまう癖がついている状態だと言って良いと思います。

新田義治の恐怖症改善マニュアルの内容を確認する