右手を使わないでスイングする感覚

スイングでは、形もある程度は大事ですが、それより大事なのが『感覚』です。

ゴルフのスクールなどで、よくレッスンプロがスイングの形ばかりを指導しているのを見かけますが、それだけでは上達しません。

もっと簡単に言うと、プロのスイングを真似る事はとても大事です。

上達の為にやらなければいけない事でもあります。

ただ形を真似しているだけでは、ショットは良くならないのです。

トップの形が良くなればプロのように打てるか?って聞かれたら疑問に思うでしょ?

プロとまったく同じトップになっても、同じ球は打てないです。

では何をどうやれば良くなっていくのか?

それが『感覚』なのです。

参照 谷将貴 ゴルフシンプル理論完全マスタープログラムのレビュー

「感覚」とだけ表現するとどんな感覚なのか、あまりにも範囲が広くなってしまうので、具体的にいいますと、『右手を使わないでスイングする感覚」です。

右手でスイングをしている間は、いつまでも不安定なショットになります。

100を切れない人の多くは、この右手でボールを打ちに行っています。

この感覚を矯正していけば、スイングもショットも大きく進化します。

「左腕リード」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

これが大事で、『左腕リードで、右手は添える程度の感覚でスイングする』のです。