2018年1月

不完全恐怖症

不完全恐怖症

(公開: 2018年1月28日 (日))

不完全恐怖症・・・・・・・

ガスの元栓や戸締まりなどを何回も見直してしまう。

不完全恐怖は、不完全恐怖症や、確認恐怖症、確認癖とも呼ばれますが、

例えば、ガスの元栓を、ちゃんと閉めたかどうか、

戸締まりのカギを閉めたかどうかと気になってしまい、

何度も、これを確認してしまう・・という形で現れる症状です。

また、書類やレポートを書くのに、

ちょっとしたところが不完全に思えてしまい、

何度も確認し直したりして、

時間が非常にかかってしまうという形で現れることもあります。

つまり、自分のしたことに自信が持てず、不完全に感じてしまい、

何度も確認してしまう癖がついている状態だと言って良いと思います。

新田義治の恐怖症改善マニュアルの内容を確認する